本日もいいひだね便りPart 129

ひだね基山店井上です。(・∀・)

コロナが猛威をふるっております。

佐賀県内も感染者数が増えておりますし、お隣福岡県では常に2桁が続いております💦

家族内であっても大人数での会食はコロナ感染のリスクが高いとされ、各県外食の人数制限や営業時間短縮の要請などが出ております(´;Д;`)

現在佐賀県からも福岡県からも要請はありませんのでひだね全店通常どおり営業は致しておりますし引き続きご自宅にて安心してお召し上がり頂けますテイクアウトも行っております(゚∀゚)

勿論、

店内では検温・アルコール消毒の推奨、換気の実施、席の間隔は通常より広げ、営業前・ご利用後の清掃の徹底を行なっております。

リスクを完全0には難しいですが、店舗として出来る限りの対策を行なっております。気になる点がございましたらご気軽にお問い合わせ下さい。

また行きたい!食べたいけど…

・医療関係で私生活も気をつけている

・年配の家族と暮らしている

・基礎疾患などがある

など不安なお客様は是非ともテイクアウトやお盆の鉢盛をご利用の上、安心しておうちにてひだねの味を楽しまれて下さい。

お盆の鉢盛は本日がご予約〆切でございます💦まだご注文でない方、faxからの折り返しのご連絡が来てない方は是非ひだね基山店へお問い合わせ下さい。

皆様からのご注文、お待ちしております。

 

p.s.

コロナの感染自体も勿論恐いのはありますが、最近ふと思うのは互いの感覚や価値観の違いのようなものがコロナにより顕著になり人間関係に溝が生まれている事です。

ある時スタッフ間で、

「コンビニで小銭をトレーにのせられるのが煩わしい」と言う話がありました。

私は初めてその対応に対峙した際は

「こういった対応が一般的とされるなら基山店でも必要かもなー」と思っていましたので、

人によってはそれがイラッとする💢クレームに繋がるパターンもあるのか∑(゚Д゚)と改めて接客の難しさを痛感致しました。

もうすぐお盆。

いつもなら年に数度しか集まらないのだから親族全員絶対参加が礼儀!

みたいなのもあるかもしれませんが、

このご時世。

会いたくても都心に住む孫との接触は…

実家に行きたいが医療関係者や介護、保育など自分よりも体力・身体面が弱い方々を相手にする職だからリスクを極力減らしたい。

コロナの最中だけど事情があり次にいつ会えるか分からないからあっておきたい!

感覚や価値観、立場は人それぞれ。

0か1かという二者択一でもなく、

0と1の間には

0.3もあれば0.5もあり0.9もあるみたいに

ここは同じ感覚だけどそこは違うとか

その考えも分かるけど自分はこちらを選択するとか

二項対立。

簡単に線引き出来ない関係だなーとおもいます。

自分の主張をするので有ればその分相手の主張も同じだけ大事に聞いて尊重する。

「相手の立場になって考える」

小学生でも知っているであろう当たり前のフレーズですが、

コロナの影響で普段よりも余裕がなかったり気持ち的に安定しなかったりする今は思いやりの心を意識して1つひとつ相手にとって誠実な、丁寧な行動をとることが必要なのかもしれません。

以上ひだね基山店井上でした(´∀`)

  1. 焼鳥 ダルム
  2. ひだね基山店
PAGE TOP